2017年9月30日土曜日

BBQパーティ

9月30日は朝から市場で三河湾産の魚を仕入れて、研究室でBBQ。
新入生と新しい外国人研究者の歓迎会でした。







2017年9月29日金曜日

新しい論文

3月に学位を取った学生の新しい論文です。

自然界の植物プランクトンの炭素固定への電子要求と光および群集構造の関係

Relationship between light, community composition and the electron requirement for carbon fixation in natural phytoplankton

Yuanli Zhu, Joji Ishizaka, Sarat Chandra Tripathy, Shengqiang Wang, Chiho Sukigara, Joaquim Goes, Takeshi Matsuno, David J. Suggett


http://www.int-res.com/abstracts/meps/v580/p83-100/

植物プランクトンが光合成をする時に、炭素原子を一つ固定するのに、どのくらい電子が必要なのか、高速反復蛍光光度計(FRRF)という機械で測定した電子伝達速度と培養法で測定した炭素固定速度を比較して、光と群集構造が重要であることを明らかにしました。これでFRRFを使って光合成速度を推定できるようになります。

2017年9月27日水曜日

修了式

9月27日は秋季修了式でした。エアさん、修士号取得おめでとう。着物が似合うね。



2017年9月25日月曜日

PICES2017

9月23日・24日にロシア・ウラジオストックの極東連邦大学で行われた北太平洋海洋科学機構(PICES)の、北太平洋ステータスレポートとCREAMS-APの会議に出席してきました。




2017年9月9日土曜日

有明海航海

9月8日は有明海に観測に行きました。




2017年8月9日水曜日

学生受賞(JpGU-AGU学生優秀発表賞)

当研究室の博士後期3年 Eligio de Raus Maureさんが2017年5月20日-25日に幕張メッセで開催されたJpGU-AGU Joint Meeting 2017 (日本地球科学連合―アメリカ地球物理連合 合同会議2017)で行った研究発表に対して学生優秀発表賞が授与されました。研究発表のタイトルは、"Impact of mesoscale eddies on  spring bloom initiation in the Japan Sea(日本海の植物プランクトンの春季ブルームの開始に対するメソスケール渦の影響)" でした。 

2017年6月8日木曜日

研究集会「小型飛翔体による海象観測」

7月7・8日に平成29年度(2017年度)名古屋大学宇宙地球環境研究所研究集会
小型飛翔体による海象観測(その2)を開催しました。

http://www.isee.nagoya-u.ac.jp/meetings/20170615.html