2017年12月28日木曜日

勢水丸航海



12月5日から8日まで三重大学練習船勢水丸で伊勢・三河湾の調査を行いました。石坂・相木の他、研究室の学生8名、アメリカからの客員教授の2名とタイのカセサート大学から3名が乗船し、国際性の高い航海となりました。また風が強く、石坂研はいつも荒れると言われてしまいました。



2017年12月23日土曜日

「しきさい」打ち上げ成功

「しきさい」の打ち上げが成功しました。
来年からこの衛星データを利用した研究を進めていきます。

ダイジェストhttps://www.youtube.com/watch?v=idQm_-o2xB0

https://www.youtube.com/watch?v=sDXvTfcPAdY


2017年12月2日土曜日

公開講演会

12月2日は研究所の公開講演会で「宇宙から海洋のプランクトンを観る」を話しました。他の方の講演もすごく面白かった。

2017年11月17日金曜日

春の海に花咲く植物プランクトン ~早咲きの反時計回り渦と遅咲きの時計回り渦~


11月11日に学生の論文がGeophysical Research Letterに印刷され、この論文はEditor's Highlignt 論文に選ばれました。
詳しくは以下で。

2017年10月27日金曜日

JAXAの衛星「しきさい」の打ち上げ

大分前から共同研究をしているJAXAのGCOM-C(しきさい)の打ち上げが12月23日の午前中に決まったようです。

「しきさい」のうちあげ
GCOM-C(しきさい)とは

2017年9月30日土曜日

BBQパーティ

9月30日は朝から市場で三河湾産の魚を仕入れて、研究室でBBQ。
新入生と新しい外国人研究者の歓迎会でした。







2017年9月29日金曜日

新しい論文

3月に学位を取った学生の新しい論文です。

自然界の植物プランクトンの炭素固定への電子要求と光および群集構造の関係

Relationship between light, community composition and the electron requirement for carbon fixation in natural phytoplankton

Yuanli Zhu, Joji Ishizaka, Sarat Chandra Tripathy, Shengqiang Wang, Chiho Sukigara, Joaquim Goes, Takeshi Matsuno, David J. Suggett


http://www.int-res.com/abstracts/meps/v580/p83-100/

植物プランクトンが光合成をする時に、炭素原子を一つ固定するのに、どのくらい電子が必要なのか、高速反復蛍光光度計(FRRF)という機械で測定した電子伝達速度と培養法で測定した炭素固定速度を比較して、光と群集構造が重要であることを明らかにしました。これでFRRFを使って光合成速度を推定できるようになります。