2016年11月26日土曜日

愛媛大での赤潮研究集会

11月24・25日は愛媛大学で「赤潮の予測に向けた観測とモデリング」という研究集会を開催した。この研究集会は、愛媛大学の沿岸環境科学研究センターが今年度から全国共同利用・共同研究拠点に認定されたということで石坂が代表となり、名古屋大から愛媛大に移動された森本さんとともに開催したものです。愛媛県は最近赤潮の被害が多いため、何とか予測ができればということで、今後どのように研究を進めるべきかを議論するために集まりました。
 名大、愛媛大、広島大、神戸大、京都大の他、瀬戸内水研、中央水研、大分水試、長崎水試、大阪水試、JAMSTECなどの研究者が発表した。赤潮は特定の種の動態が重要であり、これまでの観測やモデルだけでは予測は難しいが、種レベルでの活性の測定や、高解像度のモデルなど、新しい手法が出てきていることで期待が広がった。
 今後もこの研究集会で情報交換を進めて行きたい。



2016年11月12日土曜日

大学院説明会

12日は大学院説明会でした。研究室で待っていたところ、来たのはまだ2年生と3年生の学生さんで、熱心に聞いていきました。早いうちから進学のいろいろな可能性を見ておくことはとても良いことだと思います。

2016年11月11日金曜日

中学生来訪とゼミ

11月11日は、付属中学の生徒さん3名が授業の一貫で研究室を訪問しました。海洋汚染のことやウナギ資源の減少のことについて、とても熱心に質問をしてきました。これからの日本を支えてくれる若い生徒さんが海に興味を持ってくれているということは、とてもうれしいことです。ぜひ、これからも海に対する興味を持ち続け、海に関わったことをやってくれるとよいと思いました。
 本日の研究室のゼミは、中国の東海水産研究所から1年間客員研究員できている沈さんが研究の話をしてくれました。上海沖合で起きている赤潮に関して、様々な環境要因との比較をした内容で、今後この研究室で研究を進め、ぜひ良い論文にしてもらえるとよいと思います。


2016年10月29日土曜日

中国浙江海洋大学訪問

10月23日から29日に、卒業生のXu君が就職した中国浙江省舟山にある浙江海洋大学を訪ねました。上海の南の杭州湾と、さらに東の東シナ海に浮かぶ舟山島までの長い橋を渡り、3時間半かかりました。このあたりは中国の水産業(造船業も)の中心をなす場所です。浙江海洋大学は、地元の水産研究所とも連携し、活発に研究しているようです。学部学生への講義、水産研究所の講演、いずれも多くの質問が出ました。別の島にある広大な養殖実験場や、国際と銘打った近代的なビルの魚市場の見学の他、豊富な水産物を様々な方法で調理した中華料理を試すことができるなど、貴重な経験をしてきました。南京科学技術情報大学に就職したWang君も訪ねてきてくれ、今後も二人と研究協力をしていくことで話をしてきました。





2016年10月8日土曜日

中学生来訪

10月8日は朝から、愛知中学の1年生5名が海洋汚染について聞きに来ました。海にはどんな汚れがあるのか、どこの汚れがひどいのか、生物に影響があるのか、どう広がるのか、細菌による汚染はあるのか、どんな対策があるのかなど、熱心に聞かれました。そもそも、「海の汚れ」とは何かという話から、おそらく彼らの考えていなかったような話ができたのではないかと思っています。少しでも海の研究に興味を持ってくれるとよいのですが。

2016年10月7日金曜日

伊勢湾観測

10月3日から7日まで勢水丸で伊勢・三河湾観測の予定でしたが、台風18号のおかげで3日に積み込みだけして、4・5日の観測は中止となりました。6日から乗船して、7日の夕方まで2日間観測をさせてもらいました。伊勢湾に集中して、台風直後の変化を観測することとしました。台風の影響かどうかはわかりませんが、6日は珪藻の赤潮状態で、7日にはその珪藻が激減し、水の色も大きく変化しました。この変化がどうして起こったのか今後解析する予定です。勢水丸の皆さん、ありがとうございました。





2016年10月4日火曜日

多波長励起蛍光光度計論文

中国で就職した卒業生の王さんの論文「現場蛍光測定による植物プランクトン群集構造の統計的把握」が発表されました。多波長励起蛍光光度計と呼ばれる測器で、植物プランクトン群集構造を精度よく推定する手法の論文です。